お問い合わせ先

TEL 0966-24-1609
携帯 090-2960-0265

受付時間 8時~22時 <年中無休>

×

CATEGORY

HOME»  竹炭商品一覧»  球磨の癒芽炭(バラ炭)5 kg

球磨の癒芽炭(バラ炭)5 kg

竹炭・竹酢液通販


 

消臭用竹炭 バラ炭10kg

 

消臭用竹炭(バラ炭)5 kg

 

消臭効果

ニオイば消すバイ
 
 
当店の竹炭は、熊本県球磨地方の孟宗竹を、土とコンクリートで作った炭窯で、
二日間の「乾燥焚き」をした後、500度前後の温度で焼いています。

 
※「乾燥焚き」とは、炭材の竹を乾燥させる為に、
竹に着火しない程度の温度で火を燃やす事。

 

比較的低温炭化の炭なので、
主にアルカリ性(タバコ臭等)のニオイをよく吸着します。



 
 
送料無料(※沖縄・北海道は500円)
 

  • 球磨の癒芽炭(バラ炭)5 kg

  • 販売価格

    3,500円(税込)

  • 会員価格

    3,220円(税込)

  • ポイント還元3%
  • 在庫

    在庫切れ

在庫切れボタン

  • 砕いた竹炭を3㎝~5㎝角に選別した、バラ炭です。
    お部屋や玄関・トイレ・冷蔵庫の気になる消臭にご利用下さい。

     
      バラ炭


    【炭の大きさ比較】
     
       バラ炭 大粒炭 小粒炭


    ご注文は下記の「注文フォーム」からも出来ます。

    ※こちらからのご注文は、代金引換・銀行振り込みだけになりますのでご了承下さい。





    商品は、佐川急便のeーコレクトで配送します。

    ご注文は、お電話やファックスでも出来ます。お気軽にお問い合せ下さい。
     
    電 話0966-24-1609 受付時間 8時~22時 
    「ゆめ工房を見ました」とお電話ください。
    (※こちらの電話は、留守にする場合が多いです。)


    ※お急ぎの方は、こちらの携帯へ直接おかけください。
        ↓
    090-2960-0265 
    受付時間 : 8時~22時まで
    (土曜・日曜・祭日関係なく、常時坂口が対応します)
     
    ファックス: 0966-24-1609 受付時間 : 24h


    メール:yume-koubou@lapis.plala.or.jp 受付時間 : 24h

    お問い合せフォームはこちらです。 受付時間 : 24h





    竹炭は、燃焼温度によって性質が変わります。

    高温で焼けた竹炭はアルカリ性になり、酸性のニオイを良く吸着します。
    一方低温炭化の炭は酸性になり、アルカリ性のニオイが良く取れます。

    酸性のニオイには、汗や加齢臭等の体臭、卵の腐ったニオイなどがあります。
    トイレのアンモニア臭や動物の糞尿臭・魚の腐ったニオイなどは、アルカリ性になります。



    竹炭


    消臭用で炭を選ぶときは、ニオイの性質を見極める必要があります。ニオイの性質は
    大まかにアルカリ臭と酸性臭に分けられます。

    アルカリ臭の主なものは、トイレや動物の糞尿臭などのアンモニア臭があります。
    また、魚の腐ったニオイはアミン臭で、アルカリ性のニオイになります。

    かたや体臭・加齢臭や足・靴などのニオイは酸性臭です。また、腐った卵の臭いも
    酸性臭に入ります。

    臭いについては、下記のブログで分かりやすく説明がしてあります。

    「消臭マイスターの臭いあれこれ」


    炭が炭化する過程には、高い温度で焼ける高温炭化(700~1000℃)と、
    低温(400~700℃)で焼ける低温炭化の二通りがあります。

    高温炭化の炭は、アルカリ性質に、低温炭化の炭は酸性質になります。

    炭で消臭する場合、汗や加齢臭などの酸性の臭いは、アルカリ性の高温炭化の
    炭が有効です。

    一方トイレ臭やたばこ臭のようなアルカリ性の臭いは、低温炭化の炭が良く吸着
    します。

    当店の炭は比較的低温で焼くため、どちらかと言うとこちらに属します。

    こように炭で消臭する場合は、ニオイの性質に応じて炭を使い分けることが大事
    になってきます。

    ホームセンターや100円ショップで売られている竹炭は、生産地や製造方法が
    よく分からない場合があります。

    炭を焼くときの燃焼材は、一般には木や竹を用いますが、ガスや灯油を使って
    焼かれたものもあるようです。

    ガスや灯油の化学成分を炭が吸着している場合もありますので販売元に確認
    されることをお勧めします。

    竹炭の規格と用途別基準を「日本竹炭・竹酢液生産者協議会」で定めています。

          

    日本竹炭・竹酢液生産者協議会

    竹炭の規格

    用途別基準
     


    当店の炭焼小屋と、炭窯の【癒芽窯1号】をご紹介します。

    ここで地元の竹を焼いて、竹炭・竹酢液を生産しています。


    炭焼小屋&炭窯のご紹介

    写真右上の東側に左斜めに見えるのが、竹酢液採集用の煙突です。
    写真では分かりませんが2本並んでいて、長さが15メートルほど有ります。

    炭窯側面の真ん中あたりに写っているのは、炭や炭材の竹を出し入れする作業口です。
    手前に板を重ねてから、保温の為の土を入れて良く付き固めて、熱が漏れないようにします。

    下記は炭焼小屋の周辺の様子です。ご覧のように周りは田んぼに囲まれています。


    炭焼小屋の周り

     

関連商品

CONTENTS

CATEGORY