お問い合わせ先

TEL 0966-24-1609
携帯 090-2960-0265

受付時間 8時~22時 <年中無休>

×

CATEGORY

HOME»  笑い話 あれこれ

笑い話あれこれ

 


2015.03.04

ズボラな母は、近所のスーパーに車で買い物に行き、
徒歩で帰ってきて、「車が無い!」と大騒ぎしていました。

物忘れも、ここまでくればごりっぱかな。


2015.01.17

「水戸黄門外伝・かげろう忍帖」の最終回で、
事件がすべて解決し故郷へ戻ることになった。

喜びのあまり「ヤッホー」を連発していた。
でもそれってもしかしてドイツ語じゃ…。

ちなみにあの「水戸黄門」には、格さんが「おいハチ、ファイト!」と
言ってしまった前科があるらしい。


2015.01.17

●某工場内の「おれがやらなきゃだれがやる」という看板が、
「だれが」の「が」の点が削られ、

「おれがやらなきゃだれかやる」になっていた。
この会社の将来は…。


●友人は入社試験の面接で、あまりに緊張してしまい
「家業は何ですか」との質問に

「かきくけこ!」と答えてしまい、家に帰るまで、何で「カ行」を尋ねられたか分からなかったそうだ。


●一人息子がちゃんと留守番できているかどうか、公衆電話から他人のふりをして家に電話してみた。

「もしもし、お母さんいる?」

息子「いらない」



2014.12.24

小学生のテストの珍回答集です。
腹を抱えて笑うことうけあいです。
http://tv.oricon.co.jp/archives/567

http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AE%E7%8F%8D%E8%A7%A3%E7%AD%94&aq=-1&oq=&ei=UTF-8



2014.12.12


知人があるケーキ屋さんで。

知人:(ウインドウ越しに)「これとこれを・・・」と
指差してケーキを注文していた。

お店の人:「名前を言ってください」

知人:「山田はなです」

自分の名前じゃねぇ!


2014.11.27

先日、父は、男にフラれて落ち込んでいた姉をなぐさめていた。

「おまえ、人間は顔じゃないぞ」と言うつもりが、
「おまえの顔は人間じゃないぞ」と言ってしまった。

姉はますます落ち込んだ。

あたりまえだろ!







2014.11.24

病院に入院していた親戚のおばさんをお見舞いに行った母からのメール

「天敵も昨日からなくなり、明日には隊員になるそうです」
というメールが来た。

天敵がいないんだったら隊員にならなくてもいいと思う。







2014.11.18

電車で女子高生がクラブの先輩の悪口を言っていた。

大声で「あの人絶対ズレてるよぉ!」と言うと
同じ車両にいた乗客の数名がアタマをおさえ気にしていた。

確かに! 突然言われたら気になるよネー。






2014.11.10

歯医者に行った時の事。

治療前に先生から
「もし痛かったりしたら、左手を上げてくださいね」と言われた。

いざ治療が始まり、やはり痛かったため迷わず左手を上げようとしたら
「動かないで下さい!」と押さえつけられた。

右手だったら良かったかもネ。






2014.11.01

小学校6年生の時の話。

僕の友人Tは、社会のテストの穴埋め問題で、
「江戸時代末期、ペリーが浦賀に来航し( )した。」

という問題に 「・・・来航し(ま)した」と書いた。

先生の反応が知りたかったです。






2014.10.23

夫婦ゲンカのときのお話。

父が母に「バカモノ!」と言うのを間違って、「バケモノ!」

当然ケンカはさらにひどくなった。

そりゃそうでしょうネ。



2014.10.19

そそっかしいお母さんのお話。
水虫の薬を間違えて目にさしてしまい、急いで眼科に行ったお母さん。

お医者さん 「どちらの目ですか?」
お母さん 「両方です。」

お医者さん 「普通は片側で気づくんですがねえ・・・」

ここまでくれば、そそっかしと言うより・・・かもネ



2014.10.18

とあるラーメン屋での出来事。

友人がメニューを見て一言。
「なあ、”味増”ラーメンってどんなやつなんだろう?」

彼の言うメニューをよく見てみるとそこには
”味噌”ラーメンの文字が・・・

”増”と”噌”を読み違えたのね(^^)
よくある話かも・・・








2014.10.12

先日、メガネを作りに行った父

メガネ店の店員 「無色ですか?」
父 「いえ、銀行員です」

メガネ店の店員 「?・・・」

職業を聞かれたかと思っちゃたんでしょうネ。








2014.10.07

天然なお母さんのお話その2

家を空けることの多い私は、田舎のおふくろに「FAX送っといて」と言ったら、
2・3日してダンボールに包まれた「FAX本体」が送られてきた。

一生懸命に荷造りしたお母さんが思い浮かびます(^^)






2014.10.05

クリーニング屋の天然なお母さんのお話。

お客さん 「いまセール中ですか?」
お母さん 「もう、3年前に終わりました。」

セール中と生理中を聞き間違えたのかぁ。普通は聞き返すけどネ。







2014.10.02

天然なお話。

ドラッグストアーで7~8歳ぐらいの女の子が『10歳若返ります』と謳っている
婦人用の化粧品を見て。

女の子 「お母さん、これ欲しいー」
お母さん 「死んじゃってもいいの?」

たしかに! 7,8歳の子が10歳若返ったら死んじゃうネ。





2014.09.30

駅の待合室で。

おじさん 「すみません、トイレに行きたいのでこの荷物見ててもらえますか?」
若い男性 「いいですよ。」

知らない人が、その荷物を持っていくのをじっと見ててあげた。




2014.09.28

ダイエット中の女性が、フィットネスクラブに入会の申し込みをした時の話。

クラブの担当者 「入会の手続きと一通りの説明をしますので、少し太めの
動きやすい服装できてください。」

女性 「そんな服があったら申し込まないわよ!」




2014.09.26

夫が帰宅したら、妻が見知らぬ犬と遊んでいた。
夫 「おい、そんな怪物と遊んで怖くないのかい?」

妻 「何言ってるの、可愛いじゃない。」
夫 (小声で)「犬に言ったんだけど・・・」


 

CONTENTS

CATEGORY