お問い合わせ先

TEL 0966-24-1609
携帯 090-2960-0265

受付時間 8時~22時 <年中無休>

×

CATEGORY

HOME»  竹酢液の作物別の使用法と効果

竹酢液の作物別の使用法と効果




竹酢液の農業での利用で、作物別の使用法と効果を下記表にまとめました。
これを参考に竹酢液を有効に利用していただけましたら幸いです。



竹酢液の作物別の使用法と効果
作物の種類別 使 用 法 効     果
水稲栽培  育苗には、1000倍に薄めて灌水する。
 出穂後に300倍液を数回散布する。                 
 根張り・移植後の活着・成長がよくなる。
 実入りが良くなる。                         
 ☆水田への施用
【施用時期】 イネの有効茎数が定まった後。

【施用方法】 落水して出口を止め、水口から10
 アールあたり原液5~6リットルを、50~100倍
 に薄めたものを、取水中に混ぜて流し込む。
 イネの根の成長を促進する。
ソラマメ・エダマメ  500倍液を開花前までに、300倍液を着莢後に
 1か月に2~3回散布する。
 実入りが良くなる。
トウモロコシ  300倍液を1か月に3回散布する。  草丈は抑制されるが、収量・品質ともに向上
 する。
ホレンソウ・コマツナ・チンゲンサイ  発芽前後から薄い濃度で散布する。
 たとえば、五日間隔で1000倍液を2回、つづい
 て800倍液、500倍液と収穫前に300倍液を1回
 散布する
 茎葉が充実し、蓚酸が減少して品質が良く
 なる。  しかし、300倍液以上の濃い液を散
 布しつづけると、葉が硬直して葉が折れや
 すくなることがあるので、小面積で試してみ
 る。
キャベツ・ハクサイ  定植後、1か月に2~3回の300倍液、育苗時は
 7日間隔の2000倍液を散布する。
 発根を促進し、育成を早める。
ネギ・タマネギ・ニンニク  幼苗時に800~1000倍液を散布し、生育後半
 から収穫期まで、300倍液を1か月に2~3回散
 布する。
 ネギでは葉先が鋭くなり、色彩もよく、葉組
 のしまった荷姿になる。食べて柔らかく、味
 の良い品質になる。 軟腐病は、株元への
 200倍液程度散布で改善する。
 ニンニクは収量増となり、収穫後の首もしっ
 かりしている。
トマト・キュウリ・ナス  幼苗時に500倍液、以降は300倍液で、1か月
 に2~3回散布する。
 トマトの褐色根腐れ症状は、株元に灌水で
 改善する。
 ナスは果実の紫の色彩が著しく濃くなる。
イチゴ  常時200~300倍液を散布する。  糖度が3度程度上昇する。
メロン  アールスやアンデスは敏感なので、散布は細
 心の注意が必要。

 幼苗時は800倍液、アールス・アンデスでは成
 苗でも同様の濃度とする。他種の成苗でも400
 倍液程度にとどめる。
 皮・肉質が硬くなるので、保存期間を延ばせ
 る。
ダイコン・ゴボウ・ニンジン  間引き終了後、数日(本葉が4~5枚)までは
 1000倍液を散布する。
 播種2か月以降に300倍液を、1か月に2回程度
 散布する。
 細根を縦横に発育させ、収穫物の大きさを
 均一にする。
イモ類  300倍液を1か月に2~3回散布する。  生長を促進させ、収穫量が増える。


※ただし、これはあくまでも参考ですので、いろいろ試しながら
  ご自分の作物に合った使用法をお願いいたします。

  これによる作物等の出来不出来や如何なる損害があっても、
  当店は一切責任は負えませんのでご了承ください。



CONTENTS

CATEGORY